米国株(QQQ、VOO)ETFでほったらかし投資

海外ETF投資。VIX25以上買い、21越えで売りのロボットのように条件どおりに取引します。

22/12/3週レポ+6.02%

■資産状況 +6.02%

f:id:daiki3daiki3:20221203221126j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203221129j:image

 

◇パウエル議長講演により12月FOMCより米利上げペース減速0.50利上げほぼ確実。来週はFOMCを予定通り通過して12/13の11月CPI数値に注目。

 

 

28(月)中国の主要都市で「ゼロコロナ政策」に対する抗議活動が行われ、景気を巡る警戒感が高まる。iphone生産への影響を巡る懸念からアップルが売られた。

30(水)FRBパウエル議長は、早ければ12月にも利上げペースを縮小する可能性があると述べた。

ターミナルレートの推測は示さなかったが、9月のドットチャートで示した4.6%より「やや高く」なる可能性が高いと述べた。

インフレ抑制のため「しばらくの間、制限的な水準で政策を維持する必要がある」とも述べ、景気減速に伴いFRBが来年から利下げに踏み切るとの市場の見方をけん制。VOO+11.18(+3.08%)、QQQ+12.79(+4.56%)

2(金)11月雇用統計。
非農業部門雇用者数26.3万人(予想20万人)前月28.4万人
失業率3.7%(予想3.7%)、前月3.7%

雇用者数は予想を上回り賃金も8月から上昇を続けるがFRBが今月から利上げペースを減速する軌道に変化はないとみられる。市場小幅安で終える

 

□VIX 19.06

市場の落ち着きを示す20を下回ってきた。パウエル議長講演から12月からの利上げペース減速を明言。雇用統計での予想以上の結果にも市場は動揺しなくなった。


f:id:daiki3daiki3:20221203075343j:image

f:id:daiki3daiki3:20221203075346j:image

f:id:daiki3daiki3:20221203075349j:image

 

□VOO 374

上昇続く。パウエル議長講演を受けて11月のCPI発表に次ぐ今年2番目の上昇。高値441と直近高値396を結ぶ上値抵抗線381あたりを越えれば明確なトレンド転換。

f:id:daiki3daiki3:20221203080053j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203080056j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203080058j:image

QQQ 292

VOO同様に上昇。金利の影響が強い分、上昇も大きい。トレンド転換が確認できるかがポイント。

f:id:daiki3daiki3:20221203080415j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203080418j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203080420j:image

□10年債 3.478

明確に下落。3.5も割り込む水準。

f:id:daiki3daiki3:20221203080657j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203080700j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203080703j:image

ドル円 134.30

パウエル議長講演より金利上昇ペース減速を受けドル円下落。ターミナルレートは不明だが5%あたりと考えると135〜140のレンジで推移し過度な下落と考えるが、やはり為替は予想がつかない。

f:id:daiki3daiki3:20221203081300j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203081303j:image
f:id:daiki3daiki3:20221203081305j:image

 

 

 

 

 

22/11/26週レポ+7.65%

■資産状況

f:id:daiki3daiki3:20221126113908j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126113911j:image

◇今週は感謝祭で小動き。

 来週2日11月雇用統計、13日11月CPI発表でインフレピークを確認できれば年末までサンタクロースラリーとなるか。

 

25(金) アドビ・アナリティクスのデータによると、24日の米感謝祭当日のオンライン小売売上高が前年比約3%増の52億9000万ドルと、過去最高に達した。高インフレを背景に今年の年末商戦は低迷が懸念されていたものの、消費が持ちこたえている兆候を示唆した。

 

□VIX 20.50

感謝祭による休場によりおやすみモード。

休み明けから本格的に動きが出てくるか。


f:id:daiki3daiki3:20221126111659j:image

f:id:daiki3daiki3:20221126111702j:image

f:id:daiki3daiki3:20221126111705j:image

 

□VOO 369

今週は感謝祭でおやすみ小動き。

来週に控える米11月雇用統計の結果でインフレピークを確認できれば一段上の展開があるか。

f:id:daiki3daiki3:20221126111903j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126111906j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126111909j:image

□QQQ 286

VOO同様。

f:id:daiki3daiki3:20221126112125j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126112128j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126112131j:image

□10年債 3.69

金利低下している。雇用統計の数値を確認する作業となるが数ヶ月前までのインフレピークが不透明な状況は脱しつつある。

f:id:daiki3daiki3:20221126112247j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126112250j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126112253j:image

ドル円 139.10

金利低下による金利差縮小から140円を少し割る水準。為替は予想がつかない前提だが概ね138〜140あたりで推移するのではないか。

f:id:daiki3daiki3:20221126112623j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126112626j:image
f:id:daiki3daiki3:20221126112629j:image

 

 

 

 

 

22/11/19週レポ+6.59%

■資産状況

f:id:daiki3daiki3:20221119092854j:image
f:id:daiki3daiki3:20221119092857j:image

→株価は先週のCPIで上昇した水準から下げて上げてほぼ同じ。FRBによる金融引き締めは徐々に天井が見えてきて、MetaやTwitterAmazonが従業員削減したことからも景気後退から次を考えておく段階へ。

 

15(火)10月PPI(生産者物価指数)前年同月比+8%(予想+8.2%)前月+8.4%、前月比+0.2%(予想+0.4%)前月+0.4%→+0.2%下方修正。

ロシア軍のミサイルがポーランド着弾2名死亡で地政学リスク高まる。

 

16(水)10月小売売上高+1.3%(予想+1.0%)前月0.0%2月以来最大。ガソリンスタンドが+4.1%

 

 

□VIX 23.12

先週のCPI以降安定継続。地政学リスクで一時的上昇はあったが心配ない模様。今後も安定して20以下に収まるようになるか。


f:id:daiki3daiki3:20221119080521j:image

f:id:daiki3daiki3:20221119080523j:image

f:id:daiki3daiki3:20221119080526j:image

 

□VOO 363

先週の急上昇した水準とほぼ同じ。

金利が少し戻してきているため新たな材料が出てくるまではこの水準のままか。

f:id:daiki3daiki3:20221119081025j:image
f:id:daiki3daiki3:20221119081028j:image
f:id:daiki3daiki3:20221119081031j:image

 

□QQQ 284

VOO同様。

f:id:daiki3daiki3:20221119092432j:image
f:id:daiki3daiki3:20221119092434j:image
f:id:daiki3daiki3:20221119092437j:image

10年債 3.82

3.6から少し戻したがPPI(生産者物価)からもFRBによる引き締めはピークアウトした感じがある。

f:id:daiki3daiki3:20221119092518j:image
f:id:daiki3daiki3:20221119092521j:image
f:id:daiki3daiki3:20221119092524j:image

 

 

 

22/11/14 1545 16,685×120株 買い

1545…NASDAQ100連動型円建てETF為替ヘッジなし。信託報酬0.22%配当年1回。

2,003,213円

f:id:daiki3daiki3:20221114174014j:image

□「買い」の理由→11/10(木)CPIによりインフレピークが確認され市場のマインドが改善。株価急騰。為替相場も急変して146円/ドルから138円/ドルへ動いた。

さらに翌日の市場も戻り売りに消される事なかった。そこまで確認して、今後NASDAQ100が上昇する可能性が下落する可能性より高いと判断。

本来の逆張り型ではなくトレンドフォロー型での参戦。

型の変更の要因は、そもそも9月下旬あたりのVIX35、QQQ270あたりで買えなかった弱い心で買いが2ヶ月弱遅れた。

ただその時は他の市場参加者同様にインフレピークの兆しもなく相場が底なし沼に見えたのも事実。今回は型の変更をしてでも「買い」参戦すべきと判断できた。

 

22/11/12週レポ+8.47%

□資産状況

f:id:daiki3daiki3:20221112172205j:image

f:id:daiki3daiki3:20221112172214j:image

→CPI数値により金利低下、株リスクオン。

 ドル円円高ドル安に巻き戻し、株価は上昇で資産的には少しプラス程度。今後ドル円がどう推移するかは予想がつかないが、株価は上昇すると予測。

 

□VIX 22.52

10月CPI数値発表によりインフレピークアウトを確認して一気にリスクオン。20を割る水準まで落ち着く見通し。


f:id:daiki3daiki3:20221112101434j:image

f:id:daiki3daiki3:20221112101437j:image

f:id:daiki3daiki3:20221112101440j:image

 

□VOO 366

CPIで急上昇。昨年末441を天井にした下降トレンドがここでトレンド転換するかどうかのポイント。

f:id:daiki3daiki3:20221112102630j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112102634j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112102637j:image

□QQQ 287

10月中旬の高値284を抜けて下降トレンドからトレンド転換か!?来週以降の値動きに注目。

f:id:daiki3daiki3:20221112144741j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112144744j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112144747j:image

 

 

□10年債 3.81

CPIから急低下。おそらく天井を打ったのではないか。3.8まで低下。

f:id:daiki3daiki3:20221112145008j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112145011j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112145014j:image

 

 

ドル円 138.79

CPIを受けて1番動いた。146から一気に8円ほど円高ドル安の方向へ。今後落ち着く水準の予想はつかないが、150円/ドルを挟む展開はしばらく訪れないのではないか。

f:id:daiki3daiki3:20221112145159j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112145202j:image
f:id:daiki3daiki3:20221112145204j:image

 

 

22/11/10 10月CPI総合・コアともに予想を下回る

□10月のCPI(消費者物価指数)

    10月  予想  前月

総合  7.7%       8.0%      8.2%

コア  6.3%       6.5%      6.6%

 

→ 総合、コアともに予想を下回りインフレピークを示す指数。

11/5週レポ+6.83%

■資産状況 +6.83%

為替が146円/ドルになったことによる評価額の減を感じる1週間である。これまで株式の評価損を為替の評価益で補っていたことがよく分かる。

f:id:daiki3daiki3:20221105143612j:image
f:id:daiki3daiki3:20221105143615j:image

◇来週11日(木)10月CPIの数値に注目。インフレ鎮静化の数値が確認できれば相場はいよいよ上向きになるか。

 

31(月)ユーロ圏消費者物価指数+10.7%(予想+10.2%、前月+9.9%)過去最高。

 

2(水)FOMCFF金利0.75利上げ。次回12月以降の利上げ幅縮小示唆。ターミナルレートは従来の想定より上。利上げ一時停止は時期尚早。

 

4(金)10月雇用統計。非農業部門雇用者数+26.1万人(予想20万人、前月31.5万人)。失業率3.7%(予想3.6%、前回3.5%)利上げ効果が徐々に出ている。

 

□VIX 24.55

大幅に落ち着く。FOMCはターミナルレートの予想以上の上振れという発言はあったものの次回以降の上昇幅縮小も示唆され想定通り。雇用統計も失業率の悪化もあり金利先高感が抑制。


f:id:daiki3daiki3:20221105140419j:image

f:id:daiki3daiki3:20221105140422j:image

f:id:daiki3daiki3:20221105140425j:image

 

□VOO 345

f:id:daiki3daiki3:20221105140744j:image
f:id:daiki3daiki3:20221105140748j:image
f:id:daiki3daiki3:20221105140750j:image

FOMCパウエル議長会見での下落が大きかった。

しかしながら、先週底値を下回らなかったことで来週以降底打ちになるか注目。11日(木)10月CPIの数値に注目、ここでもインフレ鎮静化の数値が確認できれば相場に安心感。

 

□QQQ 254

FOMCパウエル議長会見、ターミナルレート想定より高いことから下落。週足、月足での下降トレンドを持ち直せるか。

f:id:daiki3daiki3:20221105141251j:image
f:id:daiki3daiki3:20221105141254j:image
f:id:daiki3daiki3:20221105141256j:image

 

□10年債 4.16

金利はじわじわ再度上昇。FOMC前までは、来年5月5.024.であったターミナルレートは来年6月に5.14との見方。

f:id:daiki3daiki3:20221105141554j:image
f:id:daiki3daiki3:20221105141557j:image
f:id:daiki3daiki3:20221105141600j:image