QQQ海外ETFで半年ほったらかし投資

海外ETF投資。VIX25以上買い、20越えor底値から20%上昇で売りのロボットのように条件どおりに取引します。

21/1/22 収支 QQQ+161%

20(水)バイデン大統領就任。WHO脱退の撤回やパリ協定の復帰等10の大統領令に署名。

 

VIX


f:id:daiki3daiki3:20210123115051j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115054j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115057j:image

20〜22で安定。

 

QQQ


f:id:daiki3daiki3:20210123115128j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115125j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115120j:image

バイデン大統領の追加経済対策への期待等から再上昇。NASDAQもS&P500も最高値更新。

 

ドル円


f:id:daiki3daiki3:20210123115155j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115148j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115152j:image

2021年に入って102円台後半から103円台後半に少し円安に動いているが、1年チャートから見て取れるように円高傾向が持続中。今回の上昇がブレイクのきっかけになるか。

 

米10年債


f:id:daiki3daiki3:20210123115220j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115227j:image

f:id:daiki3daiki3:20210123115224j:image

1%台で定着してきた。急上昇に注意。

21/1/16 F.I.R.Eの利回り4%について

ここ数年、特に米国においてよく使われる言葉「F.I.R.E」…「Financial Independence / Retire Early (経済的に自立した早期退職) 」

日本においてもYouTubeなどで取り上げられ、資産運用によるマネーマシーンを作ってこれを実現しようという動画を見かけるようになった。

これを実現する目安となる「4%ルール」とは何の運用益なのか気になって調べてみた。

結果はs&p500の1973年から2018年までの平均利回り7.1%から米国の平均インフレ率3%を引いたものであった。

f:id:daiki3daiki3:20210117101243p:image

数字からもチャートからも改めてS&P500の長期運用の利回りの良さに驚かされた。

f:id:daiki3daiki3:20210117120847p:image

私はハイテク企業の将来性を信じて疑わないためNASDAQ100に投資対象を定めているが、いずれにしても米国市場は強い。

長期成長し続ける所以は、米国企業の持つ独特の強み、つまり、優秀な頭脳を受け入れる土壌、高い労働生産性ベンチャー精神、景気に応じた柔軟な雇用形態。また、米国における将来の人口動向、つまり、人口増加特に生産者人口の増加による生産及び消費大国であり続ける点が米国に投資を継続する理由である。

 

私は仕事が厳しくなくワークライフバランス重視でやっているので、「社会とのつながり」や「健康維持」の観点から少なくとも定年である65歳までは勤め続ける人生計画であるが、①無駄遣いをしない生活、ランニングコストを意識する②投資による所得を継続的に得る。という、FIREの基本理念はとても納得できる。また、人生100年時代に生まれてきたことに感謝して定年後も投資収入で暮らす計画であるため学ぶべき考え方である。

 

ちなみに参考までに以下に年間4%運用の必要資金を示しておく。

年間生活費    金融資産

160万円(月13万円)…4,000万円

240万円(月20万円)…5,000万円

300万円(月25万円)…7,500万円

360万円(月30万円)…9,000万円

400万円(月33万円)…1億円

 

21/1/15 収支 QQQ+155%

14(木)  新規失業保険申請件数96万5千件(予想79万5千件)

            パウエル大統領、現金1400ドル追加支給を発表。

15(金)  小売売上高対前月-0.7%(予想-0.2%)

 

VIX


f:id:daiki3daiki3:20210116073256j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073259j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073253j:image

QQQ


f:id:daiki3daiki3:20210116073324j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073330j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073327j:image

Dow


f:id:daiki3daiki3:20210116073358j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073352j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073355j:image

10年債


f:id:daiki3daiki3:20210116073424j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073427j:image

f:id:daiki3daiki3:20210116073430j:image

 

20日バイデン大統領就任後、相場がどう変化するか注目。

           

 

 

21/1/15 日経平均を売りで待つ

日経平均チャート


f:id:daiki3daiki3:20210115211054j:image

f:id:daiki3daiki3:20210115211050j:image

過去5年チャートからも見えるように日経平均は19,000〜23,000をBOXで上下してきた。

それは日本の労働生産性が一向に上がらないため横ばいに推移することは納得。

今回コロナバブルで水準をアウトパフォームしたが日本企業の収益率が今後欧米並みに上がることは予想し難い。

以上の理由から現在の株価は割高と判断、天井圏ではインバース(売り)で入る手法は有効と考える。ただ、現在の市場を取り巻く環境はこの上なくゴルデイロックス(適温相場)である。

そのため、天井にぶつかるコツンが鳴るまでは待って待って待ち続けるしかない。

ここで早撃ちするのは愚の骨頂。それこそ踏み台にされる。

ここは「待つ」。しかしながら、先行きの実体経済が苦しむ展開の中、相場が次に下落するときはこれまでになく深いのではないかと予想する。

21/1/13 米実質金利に注目

モーサテより。

米実質金利が少しずつ上昇している。

 

まず、実質金利とは、以下に計算式。

実質金利=名目金利 - 予想物価上昇率

 

ハイテク株が天井をつけた9月に、それまでの-1.0から-0.8あたりに上昇したことが急落のサインであったとも言われている。

注目しておいて損はない数値。

 

 

21/1/11 ビットコイン急落

Bitcoin始めとして仮想通貨が総じて下落

f:id:daiki3daiki3:20210111221007j:image

仮想通貨は買ったことがないから詳しくないけど、ここ最近の急上昇は知っていた。しかしながら、こんなにボラティリティが高い投資先なのかと改めて驚いた。これは触るな危険です。

これが一時的な調整なのか終わりの始まりなのかは明日以降の相場が教えてくれる。

f:id:daiki3daiki3:20210111221247j:image

ちなみに、なぜ仮想通貨をチェックしているかというと、投資対象としてではなく、株価急落が起きる前兆として仮想通貨や商品価格、不動産価格はきっかけとなる可能性があるため。

どこかの投資対象が大きくリスクオフになると他の投資対象にも影響があり、そこから大幅下落になるケース。

今回はどんな展開になるのか注意深く相場を見てみる。

21/1/9収支 QQQ+155%

7(木)ジョージア州上院議員選挙にて民主2議席確保して上院議員民主党50議席共和党50議席となった。バイデン大統領の就任によりオールブルーとなり大規模な政策運営が期待される。

8(金)トランプ大統領が敗北宣言。円滑な政権移行が行われるもよう。

 

VIX 21.5


f:id:daiki3daiki3:20210109075759j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109075802j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109075805j:image

 QQQ 319


f:id:daiki3daiki3:20210109075827j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109075830j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109075833j:image

ドル円 103.97


f:id:daiki3daiki3:20210109075905j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109075901j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109075909j:image

米国10年債 1.119


f:id:daiki3daiki3:20210109080051j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109080043j:image

f:id:daiki3daiki3:20210109080048j:image

オールブルーにより大規模な財政政策が行なわれる予想から金利上昇。2020年3月1日あたりの水準。FRBは2023年末まで金利を上げないとアナウンスしているが、コロナ前の1.6〜1.8あたりまで上昇する様であれば、株価急落につながる可能性があり警戒が必要。